WEB

wordpressで簡単に301リダイレクトできるプラグイン

wordpress

WordPressで構築しているサイト内の投稿記事や固定ページのURLを事情により変更しなくてはならないことがあると思います。そんな時は、URLの変更後に301リダイレクトをすることでこれまでのページの評価をある程度新しいページのURLへ引き継ぐことができます。方法としては.htaccessに記述するのが一般的ですが、記述方法にもパターンがいくつかあり初めて自分で記述するには少々手間取るかもしれません。
そこで折角Wordpressでサイトを構築しているのですからリダイレクトをスムーズに行えるプラグインを使用してみてはいかがでしょう。

Simple 301 Redirects

その名も「Simple 301 Redirects」。
301リダイレクトのみに限られますが非常に簡単に設定することができます。
それでは手順を解説します。

  1. Simple 301 Redirectsのインストール

    管理画面のプラグインで「Simple 301 Redirects」と検索し、「今すぐインストール」をクリックしてください。
    インストールが始まり直ぐに完了します。

  2. プラグインの有効化
  3. 301リダイレクトの設定

    管理画面の設定内に「301 Redirects」という項目が追加されているのでクリックします。
    【Request】と【Destination】という2つの入力欄があります。

    Request
    【例】/about.html
    Destination
    【例】https://www.○○○○.jp/about/

    この2つの欄を記入し「変更を保存」をクリック。1つのURLを保存すると次の新たな行が表示されて追加できます。

以上が、「Simple 301 Redirects」を使用して301リダイレクトを行う方法です。非常に簡単で失敗することなく完了できるのでお勧めです。

上記は、各URLを一つずつ設定していますが、何ページもリダイレクトページがあるけれど、途中のディレクトリのみが変更になるケースもあるかと思います。
その様な時は、ワイルドカード機能を使用するととても便利です。

関連記事

  1. ECサイト 自社ECと大手モール出店の二刀流
  2. web index.htmlを「なし」で統一する方法 SEOにも効果的
  3. ECサイト運営ロードマップ ECサイト運営のための道筋
  4. アクセス ECサイトのアクセス数と購入率
  5. アルゴリズムアップデート Google大変動!検索 コアアルゴリズムアップデート2020年…
  6. wordpress wordpressをヘテムル(heteml)からエックスサーバー…
  7. 集客商品 ECでの商品販売の順序
  8. 自社EC集客 自社ECへの集客方法

仕事に使えるネタ

新着記事

  1. 無料で使えるフリー素材 画像 素材
  2. 自社ECと大手モール出店の二刀流 ECサイト
  3. ECサイトのアクセス数と購入率 アクセス
  4. ECサイト運営で重要な買う側と売る側の価値観の差 買う側の価値観
PAGE TOP